子どもにとってもう遅い?この先間に合わない?

こんにちはー(^^)




今日は病院でバリバリ働く同期と電話で少しだけ話をしました♪


そこの病院は私もすごく信頼してて、

病院での診療が必要そうだなと判断した時は

紹介させてもらっているところでもあります。



逆に

そこの病院は紹介がないと

初診で見てもらうまでに半年程度かかってしまうため

緊急性を要する場合

(お母さんが切羽詰まっている、その間にお家でできることをアドバイスしてほしいなど)



私のところを紹介してくれたりもしています。



医療だからこそできること。

民間だからこそできること。

お互いが理解しているため、こうやって信頼して紹介できてるなぁって

とても嬉しくなりました(^^)



で。

その同期と話をしていた時に

健診などで

「今すぐどうにかしないとこの先間に合わないよ!」というようなことを言われてしまうケースがあるんだとか。




私はこれを聞いて思いました。

「んなわけあるか!!」って。



確かに、

臨界期とか

その時に伸ばしてあげた方が

スムーズに伸びるということはある。



だがね、

間に合わないって何!?
そもそもどうなったら間に合うわけ!?

子どもの成長にタイムリミットなんてあるん?




今までいろんな子達を見てきていますが

子どもがいつ伸びるなんて

私達の予想をはるかに超えてきます。



本当に毎回毎回、子どもたちの成長って凄いなって驚かされ。


なかなか伸びないなって時期があっても

水面下でしっかりと一つ一つ積み重ねているから

ある時ぐーっと伸びる。


その場面に立ち会うたびに

本当に感動して

泣きそうになる。

(仕事中だからこらえるけど。)




それくらい

子どもの可能性って

大人がコントロールできるようなものじゃないんですよね。




「間に合わない」とか言っちゃう人たちも

心配して言っているのかもしれないけど



子どもの可能性を信じないで

ただただ心配をぶつけてくるような

愛のない言葉は受け取らなくていいです(^^)




子どもの可能性を信じている人は

ただただ心配をぶつけるのではなくて

出来ていることをたくさん発見してくれて

次はこんなことを促すためにこう関わりましょうって

前向きだから(^^)



そういう、愛のある言葉をたくさん受け取りましょ♪




お母さんがたもね

ちゃんと愛のある言葉を選んで受け取ってよし!!

(都合のよく解釈するともまた違うよ!)




迷った時は

ぜひイロドリへお越しくださいませ!




ということで、

今日はすごく眠たいので、

これから娘が帰ってくるまで

昼寝します。

(本日2回目。)



ではまたー♪

(ムチムチちゃんをハムハムしてお昼寝したい。)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000