【チャイルドメッセージ】小さい自分



先ほどの続きです♪



いつも子どものことに一生懸命なのに

まだ子どものために愛情が足りないと

自分の時間も忘れ

24時間子どものためにと走り続けるママがいます。



何か子どもに起こると

・私の育て方が悪かった

・私のあの行動がダメだった

と自分を責め



最終的に

私は子どもへの愛情が足りない母親なんだって

心のどこかで思ってしまう方がいます。



もっと愛してあげないと

もっと尽くしてあげないと



って

さらに子どもへ尽くします。


そして疲れて疲れきってしまいます。




まず最初に言いたいのが

子どものことで悩むってことが

根底には愛があることだから

愛情が足りないなんてことは全くない!!



そこはまず、認めたらいいです(^^)



それでね

なんでそうなるのかなってみた時に



自分の中で

小さい自分が泣いているんです。



よくよく話を聞いていくと

「もっと親に愛して欲しかった。」

「もっとこうして欲しかった。」

ってことがたくさんあって



でも、大人の自分が

「親だって忙しい中育ててくれたからそんなこと言えない。」

「親には親の事情がある。」

と、その感情に蓋をしている。



小さい自分を否定して

いつまで小さい自分が育たないのですね。




そんな時、どうしたらいいのか。




まずは

小さい自分を心の中で

「よしよし、そうだね。愛して欲しかったね。」って

認めてあげることが大切です。


それが認められただけで気持ちが楽になることもあるし

認めたらもしかしたら泣いちゃうかもしれないけど

そんな時はたくさん泣いていいよ!!




泣くことって

自分の中のいらないものを吐き出してくれるから

とっても大事です(^^)




そして、

今、実際に自分の子どもにしてあげているように

自分の中の小さい自分に

たくさん愛情を注いでみてください。

これはイメージの中でいいです。



一緒にご飯を美味しく食べるイメージでもいいし

公園で楽しく遊んでいるイメージでもいいし

行きたかった場所へ行っているイメージでもいいし

小さい自分をハグしてあげるイメージでもいい

ハートをイメージしてその中でよしよしってしてるイメージでもいい。



なんでもいいし

これが正解ってものがないし

誰もあなたの頭を覗いたりできないから



たーくさん、自分に愛情を注いでください。



たとえイメージの中でも

たくさんたくさん

小さい自分に愛情を注ぐことが

実際の自分への愛情になって

どんどん満たされて

小さい自分は大きくなっていきます(^^)




これね、私も時々

子どもの頃の失敗とか

恥ずかしかったこととか

心に残っていることが


ふと浮かんできた時にやるんですけどね。

結構効果あります(^^)




自分への愛が満たされるとね

自分を責めることがなくなり


自然と育児も楽にできるようになります(^^)



自分はこんなに愛情深い人なんだって

気づいたり


よく一人で頑張ってきたね!って認められるようになったり。



自分ってこんなに温かい人なだって気づけて

嬉しくなるはずです(^^)



満たされるとなぜか

あれ?でも親にもちゃんと愛されていたかも。って

過去の捉え方まで変わったりもします。



今、自分のことを責めている人がいたら

騙されたーと思ってやってみてくださいね♪



気持ちが楽になるはずですー(^^)


ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000