離乳食を始めたのにベーっと出します。泣

おはようございます(^^)

言語聴覚士irodoriです♪

 

今日は離乳食をせっかく始めたのに

いつもベーっと出して進まないと

悩んでいるママへ

お口の機能の視点から

お話してみますね♡


 

保健所などで

5か月になったら離乳食を始めてねって言われたから

始めたけど

 

全部ベーって出して進まない。。

 

味が美味しくない?

作り方が悪い?

私が悪のかな?

 

いえいえ。

あなたは何も悪くありません(^^)

 

お子さんのお口の機能の準備が

まだ整っていないだけです!!!

離乳食を始めるタイミングが

ちょっと早い

だけの話(^^)

 

おっぱいやミルクの飲み方と

食べ物をごっくんする動きって

実は全然違うのです。

 

だから

離乳食で練習をしてくのですね。

 

離乳食を始めた頃の

ごっくん期の動きというのは

下の唇を巻き込んで飲みます。

 

それができるようになると

ベーっと出さずに飲めるようになるのです(^^)

 

下の唇の巻き込む動きが見られずに

ベーっと出している時は

 

お口の機能的には

まだ始めるのが早いですよという

合図でもあります。

(ちゃんと教えてくれるお子さんは

とっても賢いではありませんか♡)

 

もうちょっと時期を空けてから

トライしてみてください!!

 

離乳食はあくまでも練習です♪

 

5〜6か月に始めればならない

というものでもなく

 

お子さんのお口の動きにあったもので

練習していくのが大事!!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

10月24日の沖縄でも

発音を育む離乳食や食べる機能で

お話しますね(^^)

詳細はこちら♪

 

本日もお読みいただき

ありがとうございました(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000