大きくなればちゃんと食べられる。ではありません。

こんにちは(^^)

 

 

今日は食べることについてです♪

 

 

 

 

よく

大きくなったらちゃんと噛めるようになる

とか

 

 

大きくなったらクチャクチャ言わないで食べれる

とか

 

 

そうやって話していることはありませんか?

 

 

 

 

昨日

元職場にお手伝いに行った時

食べることとは別のことで受診していたお子さんがいました。

 

 

診療の最後にママが

そういえばこの子の飲み方が変なんです。

 

 


飲み物を取り出して

飲んでるところを見せてくれました。

 

 

 

 

見てみると

ストローで吸い込んだ後に

口の中でクチュクチュしてから

徐々に飲み込む。

 

 

コップで飲んでもらっても同じ。

 

 

 

よく見ていると

舌を赤ちゃんの哺乳の時のように動かして

少量ずつ飲み込んでいる様子。

 

 

 

取り込む一口量はそんなに多くないけど

液体を一つの塊として

飲み込めていないようでした。

 

 

 

なので

赤ちゃんが液体を塊として

飲み込むための練習の仕方で飲んでもらうと

 

 

 

「そのままのめた。」

 

 

とお子さん自身もびっくりしながら

クチュクチュ言わずに

上手に飲んでいました(^^)

 

 

よかった♪よかった♪

 

 

 

お子さんが変な食べ方

飲み方をしているのには

 

 

一つ一つに訳があって

それがなんでなのかを紐解いていくと

 

 

 

やっぱり離乳食の時の

食べ方や飲み方にたどり着くのですね。

 

 

離乳食の時の教えてもらうはずだった食べ方や飲み方を

上手になってしっかりできるようになる前に

どんどん進められると

 

 

なんとか食べよう、飲み込もうと

オリジナルの食べ方や飲み方を覚えます。

 

 

 

なので

大きくなってもそのままの食べ方しか

知らない。

 

 

 

その食べ方しか知らないので

大きくなったらちゃんと食べられるってのは

ちょっと違うのかなっていつも思っています。

 

 

 

どのママも

離乳食を始める前に

お口の機能からの離乳食の進め方を知っていると

 

 

大きくなってからの

食べづらさをとっても減らせるのになって

思っています(^^)

 

 

 

障害がある無しにかかわらず

知っておいてほしいと思い

 


ご用意していまーす♪

 

 

1月は26日10時〜です(^^)

 

興味のある方は

ぜひお越しくださいね♡

 

 

1月の予定は

こちらです♪

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000