寝返りは大切ですよ!

こんにちは(^^)

 

今日は最近書いてなかった発達のことを。

 

お子さんが寝返りするようになった時

寝返り防止クッションとか使って

寝返りを防止したりしていませんか?

 

 

寝返りが発達上どんな意味があるのか

今日は簡単に説明しますね♪

 

 

寝返りを始めるということは

自分の真ん中を越えて反対側へ手が伸びる

ということなので

 

 

自分の正中の概念を作るのに大切です。

 

 

これが曖昧だと

 

真ん中がよくわからないので

体の空間的な感覚がよくわらなかったり

空間の認識がうまくいかなったり

形に関することが苦手だったりします。

 

 

また

この時期の寝返りは

起きている状態でするので

(歩き始めると寝ている時しかほとんど寝返らない)

 

回転感覚がしっかり入力されるので

感覚刺激がかなり入り

発達にはとても大切です。

 

 

回転感覚は前庭系とも関係するので

様々な原始反射の統合にも関わってきます。

 

 

その中でも

ATNRという反射があるのですが

(↑これはあまり綺麗には出てないけど)

 

顔が向いている方の手と足が伸びて

反対側の手足が縮むものです。

 

寝返りは

このATNRの統合に大きく関わります。

 

 

この反射がしっかり統合されないと

様々な運動に影響しますし

お勉強の時もの影響してきます。

 

 

 

 

要は

どちらか向いた時の反対側の手足の力が

反射的に抜けるので

何をするにも

不便ですよね。

 

 

例えば

鉛筆を持って書くときに

反対の手足が縮みたいので

肘をついたり

足を曲げ椅子の上げたくなったり。

(これ私。笑)

 

運動してて

頭をどちらかに向けると

反射的に反対側の手足の力抜けるので

バランスを崩したり

うまく体が使えなかったり。

 

 

とにかく色々不便。

 

 

寝返りも1回転だけでなく

ゴロゴロゴロと転がったほうが

しっかり統合できると思います(^^)

 

 

なので

できれば寝返り防止クッションなどは使わずに

安全を確保できる時は

 

お部屋の隅から隅まで

ゴロゴロゴロと移動してこいっ!!

(それは言い過ぎかな?笑)

という気持ちで関わってあげられると

いいなって思います。

 

 

そして

左右両方とも寝返りをしたほうが良いので

 

一方しかしない場合は

おもちゃで誘ってあげたり

少し補助してあげたり

反対側を促すことをしてあげたらいいなと思いますよ♪

 

 

 

 

寝返りは

体をねじる運動が入るので

体幹を鍛えることにもつながりますし

首座りをさらに確実なものにしてくれます。

 

 

いいことづくしなので

寝返り大切♪

という気持ちで関わってあげてくださいね!

 

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000