哺乳瓶途中経過

こんにちは(^^)

 

 

昨日の夜やりましたよ。

夜な夜な哺乳瓶(詳しくはこちら


 

まだ途中経過ですが

 

 

これだけは言える事!!

 

 

『完母を目指すなら』

容易に哺乳瓶を使わない事

 

 

 

 

哺乳瓶をお使いなら

一つの種類で揃える事

 

 

 

これ大切だなーって思いました。

 

 

 

やってみてわかったんですけど

 

 

種類によって

乳首が全然違います。

 

 

口の中ってとっても結構敏感だから

ほんの数ミリ違うだけでも

違いがわかったするんですけど

 

 

 

 

哺乳瓶の乳首によって

 

違いすぎて

口の中で

わけがわからなくなる

 

 

 

 

そして種類によって

吸う力も全然違う

 

 

 

ものによっては

赤ちゃん特有の舌の動き(吸啜)を全くしなくても

少し圧迫しただけで

じゃんじゃん出てくるものもありました。

 

 

 

その哺乳瓶を使ったら

そりゃ赤ちゃんはおっぱい飲まなくなりますよ。

 

だって哺乳瓶のが楽だもん( ̄▽ ̄)

 

 

 

吸う力が比較的必要だと言われている哺乳瓶でさえ

吸啜が無い私で

200mlを10分で飲めてしまいました。

(結構はやく飲めちゃった。)

 

 

 

 

私は完母・哺乳瓶どちらでも良いと思うのですが

(それぞれに事情もありますからね。)

 

 

にしても

哺乳瓶は選んだ方が良いと思います。

 

 

未熟児で生まれて吸う力が弱いのなら

簡単に出てくるもので体力をつけて

 

吸う力がついたらステップアップとか。

 

 

 

最初から問題なく生まれた子なら

吸う力が必要なものをできるだけ選んであげるとか。

 

 

 

 

それがお口の機能を育むために必要だなって思いました!

哺乳→離乳食→普通の食事

と繋がっていますからね。

 

 

食べることの第一歩の哺乳瓶。

大切に選びたいですね。

 

 

また色々試して結果をまとめてご報告しまーす♪

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000