私のタッチと娘。

こんばんは(^^)

 

私ね、なんでこんなにタッチを大切にしているのか

ふと思いまして。

 

お風呂に入った時に

なんとなーく感じてみたんですよ。

 

私の本心を。

 

 

 

私がタッチを始めたのは

娘の絶壁頭にショックを受けて。

 

 

 

頭って乳児の時は

まだ完全に骨がくっついてないので、

 

寝かせ方を気をつけて

タッチで凹んでるところに触れて

その反対側にもう一つの手を当てて

 

 

ふんわーり

ホワッと

 

頭が丸くなるように形を整えるイメージをして触れる。

 

それを毎日続けていくとね

(サボってもOK!笑)

 

気がついた時には

だいぶんマシになるんですよ。

 

 

 

それでね、当時、

多分まだワンオペ育児って言葉はなかったと思うんだけど

 

ワンオペ育児状態で。

 

 

元夫は年上なのに

いろいろ相談しても

「愛の方がいろいろ知っているから、愛が決めて。」と言われ。

寂しかったなぁ。

 

 

仕事は無断で2回も辞めてくるし。

(私育休中やぞ!!笑)

 

 

その他にも

いろいろとありました。笑

 

 

私も振動数が低かったし

核心部分の言いたいこと言ってなかったし

コミュニケーション不足だったんですけどねー。

元夫だけが悪いわけでない。すまん、悪く言って。

(そんな私もいい意味でもう別人♪)

 

 

 

その毎日でしたが

娘が寝付いて

娘の体をゆるめる目的でタッチしている時だけが

 

 

なんだか

優しい時間だったんですよね。

 

 

愛おしいとか

そんな大層なものじゃなくて。

 

 

ただただ優しかった。

 

 

何もかも考えなくて良くて

ただ優しくて。

 

 

そして

それが光だったんですよねー。

 

今思うと。

 

 

私かわった感性なので

以下読んだらドン引きするかもしれないんですけど。笑

 

 

 

タッチ=光を入れる

 

なんだなと思いました。

(ごめんなさい。本当不思議な感性でしょ?笑)

 

 

なので、今までずっと

タッチで子どもたちに光を入れてきたんだと思います。

(それに気づいたのはここ半年くらい。)

 

 

だから

娘にはタッチを始めた時から

ずっと光を入れてきてて。

 

 

それでも娘は

勘が鋭いので

まぁいろいろあるんですけど。

 

 

こんなポンコツ母でも

娘に光を入れ続けてきたので

 

今、娘はまっすぐに成長しているじゃないかなって

思います。

 

 

結局だ。

 

みんな子どもに触れるときは

光を入れているんだってことなんだと思います。

 

 

だから

タッチを大切にしたいんだなーって

思いました!!

 

 

湯船に浸かっているのに

お尻が滑って

溺れかかった愛さんの

本心でした!


*単発講座のご案内です*
歩くまでの発達を知る講座for mam
↑リクエスト受付中♡
6月30日 ママたちのタッチフェス
↑ママ自身にタッチをする講座です。自分にかえる大切な時間。
7月4日 歯磨きやフッ素に頼らない虫歯予防のお話
↑何度でも聞きたいお話。虫歯にならないためには、歯磨きよりも大切なことがあります。
・7月15日は子どもと関わる職種向け「ことばが出る仕組みと体の発達」
↑ことばが出るってどーゆーことか、一つ一つ段階を追ってみていきます。
・年齢別講座や個人セッションも受け付けていまーす♪こちら

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000