【子どもの体の仕組み】寝言泣き?

そうそう、振動数マスターのYOKOさんのブログに載ってた

「赤ちゃんの夜泣きは、寝言!?」って記事。

 

そうそう、そうなの!って

共感しちゃいました(^^)

 

 

そうなんですよー!!

夜中に赤ちゃんが泣くのは

寝言泣きって言われています(^^)

 

 

赤ちゃんの睡眠サイクルは

新生児で40〜50分サイクルで浅い眠りと深い眠りが訪れるので

大人に比べて、とても早いサイクルです。

 

 

寝たと思ったのに、

30分ぐらいしたらまた泣き始めるのは

そのためなのです。

 

 

 

そして、

赤ちゃんが寝ていて泣くのは

寝言と一緒なので

寝ぼけている状態。

 

 

この状態で

泣いたから抱っこするとか

トントンすると

それが刺激になって

余計に起こしてしまうんですね。

 

 

 

え?でも結構、大きい声で泣くけど!?

って思った方いませんか?

 

 

 

でも、よく考えて。

私たち大人だって

まるで起きてるかのように、寝言を言う人いるでしょ?

(はーい、私です。笑)

 

 

 

本当に泣いているのか

泣き寝言なのかは、

2、3分ほっとくとわかります。

 

 

そして、心配ならちょっと顔を見てみて!

 

目をつぶって泣いていたら

寝言泣きと思っていいです(^^)

 

 

 

赤ちゃんて、眠たいときは

ずーっと目をつぶったまま

泣き続けることが多いです。

(違う理由で泣いているときは、

チラチラ目を開けて様子を見ながら泣いたりします。)

 

 

目つぶって泣いていたら

おーう、寝ぼけてるねー。と思って、

そっとしておいて大丈夫ですよ。

 

 

 

5分以上泣いて目を開けてくる場合は

起きている可能性があるので

あやしてあげてくださいね♪

 

 

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000