ポンコツ日記*虫との攻防戦と男前な娘

愛は虫が嫌いだ。

どのくらい嫌いかというと

家に虫が出て戦うだけで蕁麻疹が出てしまうくらい。

 


 

 

事件は起こった。

夕飯後の団欒時間に。

 

 

 

娘「あ、虫。。」

愛「ぎゃーーーーーーーーーーー!!!」

 

 

愛は虫を見ると

固まるか、普段からは考えられないほど

俊敏に逃げるのである。

 

 

愛の前に現れたのは

ゲジゲジに針のような尻尾の

2センチ以上の虫。

 

 

奴がリビングを横切る。

 

 

 

どこから侵入したのか。

考えられる場所は沢山ある。

 

この家は機密性が低い。

脇が甘いにもほどがある。

 

 

何を隠そう

愛が生まれた時に建った家だ。

 

仕方がない。

 

 

 

 

パニック状態の愛は

叫びながらトランポリンの上に避難。

 

娘は冷静にトランポリンの上に避難。

 

 

愛「どうしよー。娘ちゃん。怖いよー。。」

娘「じいじに電話して来てもらおう。」

愛「じいじに電話して!」

 

そして電話する娘。

 

娘「じいじ、虫が出たらからね、殺虫剤持ってきて♡」

 

娘、ここぞとばかりの可愛い声で電話をしている。

世渡り上手である。

 

 

 

その間、トランポリンの上で固まる愛。

 

 

ピンポーン

 

 

やっと来た!じぃじが来た!!

じいじに虫を取ってもらえる!!!

 

と安堵してのも束の間

 

 

殺虫剤を置いて

じいじはそのまま帰ってしまった。。

 

 

チーン。。

 

 

どうする?

殺虫剤して、虫が大暴れしたら怖い。。

殺虫剤を娘に撒いてもらうか?

 

 

 

いや、でも娘はまだ6歳。

殺虫剤を使わすには危ない。

 

 

でも、虫は怖い。

本当に怖い。

 

 

他に家に来てくれる人はいないか?

…居ない。。

 

こんな時に虫をさっと取ってくれる

イケメンが突然家に訪ねて来てくれないかな。

 

 

いや、今はそんな妄想している暇もない。

 

 

 

どうする、どうする、どうする。

 

 

 

殺虫剤をかけるくらいなら私もできる!!!

 

 

 

 

意を決して

私「ギャーーーーーーーー!!」

力を振り絞って虫に噴射!!

 

 

なんと!!!虫を撃退!!!

 

 

愛のレベルが0.5上がった!!

 

 

 

そこで新たな問題が起きた。

 

 

この虫、どうする?

誰が処理する?

私がやるの?

無理、怖い。

 

 

愛「娘ちゃん、虫、取って捨ててくれないかな?」

娘「無理。」

愛「…。」

 

 

愛は30分、固まっていた。

 

 

愛「むーりー、こーわーいー。泣」

泣き出す愛に、娘が虫を取るアイテムを作ってくれた。


 

これを箒のようにして、虫を取ってくれた娘。

 

だが、この箒のようなもの

うまくいかず。

 

 

最終的に

ゴム手を履いて、袋で普通に取ってくれた娘。

 

娘の背中がこんなにも頼もしく感じた時はあっただろうか。

 

 

愛は娘に惚れた。

娘が一気に大人になった気がした。

 

 

娘の成長

プライスレス。

 

********************

 

先日、しゃおりさんが書いてくれた

私と娘のイラスト


 

どうりで私が子どもで

娘が大人に書かれているわけだ。

 

 

納得!!

 

 

こんな頼もしい娘には

間違ってテッシュ入ったまま洗濯してしまったことは

言えない私なのでした。


 

あー本当に虫が怖かったよー。泣

よかった、娘がいてくれて。

 

 

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000