【赤ちゃん】寝ない赤ちゃん、なんで寝ないの?リラックスできてる?


おはようございます(^^)

 

先日寝ない赤ちゃんが寝る裏ワザをお話しました♪

 

 

 

赤ちゃんを丸くするととってもリラックスして

体の力を抜いて寝てくれます!

 

 

起きている時はいっぱい動いて

寝ている時はリラックスできることで

より良い成長を促せます♪

 

 

だから、丸く寝かせるのは、できるだけ長くやってあげるといいです♪

 

娘は歩き始めても

丸く寝かせていましたよ♪

 


バウンサーを使って。

1歳半くらいからな?お昼寝の時に♪

 

 

 

 

 

 

今日は、寝ている赤ちゃんからの

リラックスしているサインの受け取り方

をご紹介します!

 

 

 

丸く寝かせていても

赤ちゃんがリラックスできていないのでは意味がありません。

 

 

 

リラックスが一番大事!!

 

 

リラックスできているかな?と心配になることもあると思うので

早速、見てみましょー♪

 


↑こちらの写真はリラックスできています。

(顔もまっすぐ向けると、尚リラックスできる♪)

 

 


↑こちらは、ちょっと力が入っているかなー。

 

 

 

さて、この違いは何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

正解は、、、

 

 

 

 

 

 

手が開いているか、いないか

 

 

でした♪

 

 

 

 

赤ちゃんて、手を頭の方にあげて

手をグーに握ってるのがいいんじゃないの?って思います?

 

 

そう思いますよね。

 

 

 

でも赤ちゃんの背中のC字(体の法則)から考えると

体が伸びてしまう姿勢なので

肩や肘、背中が辛いです。

 

 

大人の私たちもその姿勢で寝ると

結構辛いはず。

 

 

 

胸の前で手が合わさって

手を開いて寝れると

とってもリラックスしてくれます♪

 

 


 

みんな背中を丸くして寝かせてますが、

みんな手を開いて寝ているでしょ?

 

 

 

 

無理くりそうするのではなくて

そうできるように、クッションやタオルを使って

ポジション(寝方)を工夫してあげることが大切です♪

 

 

 

その子によって、リラックスできるポジション(寝方)は

変わってくるので、

 

ぜひ、いろいろ工夫してやってみてくださいね(^^)

 

 

 

なかなか力が抜けない場合は、

体を抜く練習が必要!!

 

そんな時はママの関わりで

力が抜けるようになるので

ご相談ください♪

 

 

ではー(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000