【抱っこ】〇〇の抱っこ紐ってどうですか?

こんにちは(^^)



最近、

〇〇の抱っこ紐ってどうですか?と

聞かれることが多くなりました。



いろんなメーカーが

次々と抱っこ紐出しているので


初めて聞く名前もちらほら。



今、いろんなメーカーでいろんな抱っこ紐があって

心の中でスッゲーと思うのですが。


口コミとかもいろいろで

まぁ、良いことばっかり書いてある。笑


そりゃ、悩みますね。




基本、私は抱っこ紐はスリング

よいと思っているので

スリングをお勧めしていますが

(共同開発のMINEMINEのスリング、みなさんに大好評です♪)


出産お祝いで抱っこ紐をもらったから

などもあるようですね。



何を使うかはご自分で選べば良いと思います(^^)



なので、私が聞かれてお答えするのは


・首がすわるまでは縦抱っこはしないほうがよい

・腰がすわるまで坐骨(お尻の骨)に重力や体重がかかるような抱っこはやめたほうがいい

・もし縦抱っこをするなら、お赤ちゃんのおでこにチューができる高さで抱っこできるもの

・赤ちゃんが左右対称でしっかり密着するもの(特に首回りがしっかりと包まれているもの)

・反り返りの姿勢にならないもの

・赤ちゃんの顎が上がらないもの

・赤ちゃんの足が開脚しすぎず自然な開き方になり、固定されないもの


とお伝えしています。


ポイント多い。笑



これから買う人は

ぜひスリングを選んでもらえるといいかなと思うんですけど

(自分で買う場合リングが付いていて、調節できるものにしてね!)

もうすでにあるからと思っている人は

上記の点に注意してもらって



あとは、

時間をできるだけ短くする

抱っこ紐に入ったあとは、赤ちゃん体操などでケアをする

抱っこ紐に入ったあとは、赤ちゃんが自分で思う存分体を動かして動ける時間を作る


ということを心がけるといいと思います。




抱っこ紐って英語で言うと

ベビーキャリアって言われているし


本来は

赤ちゃんを運ぶものなんですよ。




移動の時に赤ちゃんを運ぶために使用されるもので

ずーっと抱っこしておくものでは

本来ないのですね(^^)



第2子第3子となっていくと

上のお子さんの関係とかで

どうしても抱っこ紐に入りっぱなしってことが

多くなってしまうと思うのですが



赤ちゃんは自分で動いて

発達していきますので



今一度、

抱っこ紐の見直しをしてみると良いと思います(^^)




イロドリでは

抱っことタッチを同じクラスで行っています。



正しい抱っこを知って

抱っこ紐に入った後のケアも講座の中でおこないます(^^)

(時間があれば抱っこ紐の調整も可能です!)



11月6日(水)10時〜サロンでおこないますので

気になる方はお越しくださいね♪


(心地よい抱っこをされて育った子は、抱っこをしてあげるもの上手♪育児の伝承ってやつですね♡)




ちなみに、

抱っこの仕方やタッチでのケアが

離乳食やことばや発音にも繋がっていきます♪



生まれた時から

育みは始まっていますよー(^^)




ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000