【つぶやき】蜜蜂と遠雷をみてきた

こんばんは(^^)


蜜蜂と遠雷 観てきました♪

原作を読んで私は驚いた!!

小説なのに、文字なのに
なんて音や情景が綺麗なのだ!!

登場人物の葛藤するらも綺麗で、泣けてくる。




なので、ワクワクして映画へ行ってきました!!





感想はー、、、



えーっと。



原作と映画は別物として観たほうがいい!!



私は原作の方が好きだなー。



原作ね、

それぞれの登場人物がすっごく

素直で愛らしくて素敵なんです!!




嫌な人は一人もいないの!!



それぞれがそれぞれの音楽性をリスペクトしているし



それぞれがそれぞれのファンでもあるの!!



風間塵の無邪気さと天才性、ホフマン先生が仕掛けた意味


亜夜ちゃんの普段のおっとり感、コンクールを通して本来の強さを取り戻してくところ


マサルの冷静で分析力があるのに、小さい子どもみたいに人の音楽を聴いて感動する心


明石のこれが終わりではなくて、音楽家としてのスタートラインに立てた喜び


オケや指揮者がコンテスタントたちに魅了される姿


審査員たちの1次〜本選までのコンテスタントを通じでの気づき


まーくんとあーちゃんの幼少期の淡いエピソード




ここが拾われてない

または

拾われてても浅い( ;  ; )



なんなら、原作と真逆で

嫌な人になっていたりする!



あー、違うのよ。泣

この作品にアップダウンのハラハラなんていらない。泣



何よりも

コンテスタント3人は、

あんなにナーバスになるシーンはないし

冷たい人たちじゃないし

あんなにガツガツピアノの練習はしていなーい!!!!


天才ゆえのおっとり感と余裕と

音楽を純粋に楽しむ姿

優しい温かい光包まれた才能


それが全然描かれてなくて。



原作とストーリが全く違ったよ〜( i _ i )




あの小説を2時間に収めるのだから

仕方ない部分もあるけれど。。






あ、でも

音楽は綺麗だったよ♪



クラシックをたくさん聞きたくなりました(^^)



ちょっと、あまりにも映画を見て

久しぶりにモヤモヤしてしまったので

吐き出してみました!



お付き合いありがとうございまーす♪


原作また、読み直します(^^)


皆さんも興味があったら読んでみてねん!!



ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000