頭と体が繋がった日②

頭と体が繋がった日①の続きです。



で、自分が楽になって思いました。

「私みたいな子どもたち、きっといっぱいいるぞ。」と。



特に

なんとなくやる気が出ない。

やらなきゃと思っているけど、動くことができない。

的な


わかってるんだけど

動けないお子さん。

そんなお子さんはこんな状態かもしれない。と。




!!!




わが子じゃないかー!!!

思いっきりわが子や!!



ということで、

頭が痛いと言って

学校へ行けずにゴロゴロしている娘のエネルギーを流してみました。




娘の体を触ると

みぞおち辺りで

エネルギーのつまりがありました。



横隔膜がとにかく硬くなっていたので

横隔膜を柔らかくしてつまりをとり

(理学療法的な体の勉強しててよかった。)



そのあと、頭を緩めて

頭から足へしっかりとエネルギーを流しました。

(エネルギーの勉強もしててよかった。)



すると

頭の痛さはなくなって

元気に

「学校行きたくない!」と怒れるようになりました。笑


その後、おじさん(私の兄)の助けもあって

学校へ行って元気に帰ってこれました!!



私は思いましたよ。

子どもの頃から頭と体が繋がっていないのに

死なずに頑張って生きて気づかせてくれた体、どうもありがとう!!と。



これはきっとたくさん同じようなお子さんがいると思うので

イロドリ流♪発達相談の際

必要そうなお子さんにはやっていこうと思います。



自分の子どもに必要そう

もしくは自分が必要そうと思う方は

ご連絡くださーい(^^)

(感覚的にピンときたら必要だと思う。)

それでは!



(娘のケアにできることが増えた♪)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000