出来事を言うよりも、気持ちを伝える

こんにちは(^^)

irodoriです♪

 

最近

夫婦間、パートナー間のイラっとエピソードを

聞くことが増えまして

 

気づいたことがあったので

書いてみます(^^)

 

忙しいパパ(彼)をパートナーに持つママは

・お出かけしたい

・手伝って欲しい

・子どもを見てて欲しい

などなど

 

お願いをしても

 

・仕事が忙しいから

・疲れてるから

と聞いてもらえないことも。。

 

なのに

そんな忙しいパパは

・趣味をする

・お友達と遊びに行く

時間はあって

その時間は1人ルンルンと出かけていく。

 

なんじゃー!

こらー!!

となりますねಠ_ಠ

 

そして

「なんで○○できる時間はあるのに

私がお願いした○○してくれないのっ!!」

ってついつい怒ってしまう。

 

そしたらパパは

・なぜか見当違いなことを言うか

・ただ謝って改善しないか

・逆ギレするか

 

チーン。書いてるだけでも苦しくなってきました。。

。。

 

はいっ!

ではっ!

 

ここでちょっとクールダウン(^^)

 

私最近気がついたのですが

怒っている時って

実はその奥に違う感情が隠れていることがあるのです。

 

だから、、、

 

怒りの裏にある自分の気持ちを

自分に聞いてみましょう。

 

・自分が蔑ろにされた感じがして悲しい?

・私のこと大切に思ってないようで悲しい?

・もう好きじゃないのかな?

・家族ってこんなんだっけ?寂しい?

・孤独な感じがする?

などなど。

 

もしそんな気持ちが出てきたら

出てきた気持ちをそのままパパに伝えてみて?

 

今更、恥ずかしい?

受け止めてもらえるかな?

 

大丈夫!

あなたが選んだ相手。

絶対に受け止めてもらえますよ(^^)

 

信頼して

パパに伝えてみましょう!

 

信頼することが大切です!

 

自分の選んだ相手を信頼する

=選択した自分を信頼する

 

でもあります(^^)

 

子どもとの関係でも同じなのですが

これはまた後日に。

 

まずは

ママがママの気持ちに気づいて

感情を出してあげること。

蔑ろにしがちなことをやってみましょうね♪

少しずつでいいでーす!!

 

はい!!上を向いて笑って(^^)

まずはママが幸せにならないとね♡

 

そろそろ発達の話もしていきますよ♪

 

本日もお読みいただき

ありがとうございました(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000