離乳食〜始める時のサイン〜

こんばんは(^^)

irodoriです♪

 

今日は

離乳食を始める時のサインについて

お話していきます。

 

離乳食は

5ヵ月〜6ヵ月が始めどき

とされていますが

 

ママたちからすれば正直

開始時期の幅が広い。。

だからこそ知っておきたい

子どもから発せられるサインがあります♪

 

では、いきましょーう♡

前回の記事にアップしたことは育めていますか?

  • 大人の食べているところを見て涎を垂らしますか?
  • 大人の食べているところを見てモグモグ口を動かしますか?
  • 食べ物に手を伸ばして口へ持っていきますか?
  • スプーンを入れた時に舌で押し返さないで受け入れてくれますか?

 

ここをポイントに見てもらえるといいかと思います。

特に

スプーンを押し出さないことは

重要だったりします。

 

哺乳と離乳食では

口の動きが全く違うのですが

 

舌が出てきてスプーンを押し出すということは

まだ哺乳の反射が強く残っているということなので

離乳食を始めても

全部ベーっと出してしまう原因になります。

 

子どもからの

まだ早いよーというサインなのですね(^^)

 

早い時期に離乳食を始めたママが

ベーっておかゆを出すのよね。。美味しくないのかな。。

おかゆすら上手に作れない私。。。

と落胆しますが

 

いえいえ

美味しくないのではなくて

お口がまだ準備できていないだけですので

落ち込む必要はなし!!です。

 

ちなみに

私たち専門家の教科書は6ヵ月頃となっていますので

5ヵ月では早いことが多そうですね。

 

6ヵ月というのはあくまでも目安ですので

7、8ヵ月で開始する子もいれば

5ヵ月で始めて上手に食べられる子もいる。

 

これこそ

今の時代よく言われている

個性(個人差)です。

 

食べないのには

必ず理由がありまーす。

 

ママが悪いのではありませーん。

 

その理由がわかれば

離乳食に悩まずに

ふわりとした気持ちで進められますね♪

 

次は離乳食のごっくん期のポイントですよ♡

 

ぜひ

参考にしてみてください!!

 

そして

行き詰った時は

 

深呼吸して!

上を向いて!

笑って!!!

お子さんの力を信じましょう(^^)

 

なんだか

まとまりのない記事になりましたが、、、

 

本日もお読みいただき

ありがとうございました♡

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000