離乳食〜始めるまでに育みたいこと〜

こんばんは(^^)

irodoriです♪

最近離乳食の質問を多く受けます。

 

今日はタイトル通り

「離乳食を始めるまでに育みたいこと」を

私なりの考えでお伝えしようと思います。

離乳食は

食事のメニューや

月齢での進め方はよく育児書に書いてありますが

 

それではうまくいかないことが多いと思います。

 

なんででしょう、、、?

 

それは

お口の発達の視点があまりないから

なのですね。

 

メニューなどの外側のことばっかり注目されて

食べる本人のお口の発達はあまり載ってないなんて

 

ちょっとナンセンスだと思いませんか?

 

なので

こっそり教えちゃいまーす!笑

 

まず今日は

始めるまでに育みたいこと

でしたね!

 

ではいってみましょう♪

 

・うつぶせにしてしっかり顔が上がりますか?

→重力に反して頭をしっかり支えられないと、飲み込む力や噛む力を発揮できないことも。うつぶせ遊びをたくさんして、飲み力や噛む力を育みましょう♪

 

・うつぶせにした時に手でしっかり上半身を支えられますか?

→手でしっかり体を支えることは、大きくなった時の物を使う指先の発達の基盤となります。離乳食で自分で食べる意欲の基盤にもなります。

 

・寝返りをたくさんしますか?

→左右両方、上手に寝返りをしますか?ゴロゴロ転がりますか?体の感覚を覚える途中で、舌の左右の動きなども少しずつ分かってきます。舌の左右の動きは離乳食を進める上でとっても重要な動きですよ♪

 

・手や足やおもちゃを口へたくさん入れますか?

→いろいろな質感、硬さ、大きさのものを口に入れることで、舌の動きを促したり、お口の中の感覚を育てます。お口の中の感覚を育てることは、いろいろな食感の食べ物を受け入れる準備になります。

 

・大きなお口が開きますか?

→大きなお口をあーんと開けれることが、噛むときにもとっても大切になります。お顔をマッサージしたりしたりして、大きいお口が開けれるように筋肉が柔らかくなるといいですね。

 

ざっとこんなところでしょうか?

また思い出したら

ご連絡します。笑

(これもあるよ!という方、コメント欄で教えてください!!

最近忘れっぽくて、忘れてることあるかも!!!笑)

 

離乳食って

そこだけ切り取って考えられがちですが

体の発達ととても関係しているのです(^^)

 

なので

発達の順番を大人の都合で飛ばさないように

守って促すことがとっても大切だと思います♪

 

次回は

始め時のサインをお伝えしようと思いまーす♡

 

離乳食で悩んでる方は

深呼吸して!

上を向いて!

笑って!!!

 

記事を上げていきますので

心を軽くしてお待ちくださいね(^^)

 

本日もお読みいただき

ありがとうございました(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000