ヨダレが多いのはなぜ?

こんにちは(^^)

 

最近相談が多いのが

お子さんの「ヨダレが多い」ということです。

 

では

ヨダレがダラダラの子と

そうではない子。

何に違いがあるのか?

 

私なりに

考えてみました(^^)


 

そもそも

ヨダレが多いのはなぜ?

ということですが

 

ヨダレ自体の量ではなくて

ヨダレを飲み込めていない

ということが多いようです。

 

そしてヨダレが多いと言われる子は

お口がぽかん開いている

 

もしくは

閉じてるように見えるけど

お口の周りの筋肉が弱くて

唇の力が弱い

ということが多いように思います。

 

じゃあ

なんでそうなるのか。

 

それは

抱っこの姿勢

歩くまでの発達の順番と

一つ一つしっかり発達してきたか

 

そこにポイントがあるように感じます。

(この話はまた後日♪)

 

では

もうすでにヨダレが多くて困っている

ママへ。

 

お子さんに何をしてあげるとよいか

考えてみました(^^)

 

体をたくさん使って遊ぶこと

ヨダレを飲み込むのには

姿勢なども関係してきます。

 

体をダイナミックに使って遊ぶことが

姿勢にも良い影響を期待できます!

うつ伏せ

ズリバイ

ハイハイ

よじ登る

などなど

いつも行く公園で

少し意識して遊ばせると

少しずつ変わってくると思います(^^)

 

お口や舌をたくさん使って遊ぶこと

小さいうちから

お口を大きくあける

チューのお口やイーのお口

舌を思いっきり前にだす

変顔遊びなど

 

お口や舌、お顔の筋肉を

使って遊ぶことも

ヨダレを飲み込むことに

関係してきます!

 

お子さんは鏡が大好きなので

ママと並んで

鏡で遊んでみてください♡

 

ママのお顔のリフトアップにも

繋がりますよ(^^)

 

離乳食や食べる機能を育むこと

飲み込む機能を育むことが大切です。

特に離乳食は噛んで飲み込むことを

覚える大切な時期ですので

焦らずにその子に合わせて進めていきたいところですね♪

 

特別なことはしなくてもいいので

日常で意識してみてください(^^)

 

沖縄の

発音を育むお口遊び

発音を育む離乳食や食べる機能

でも詳しくお話しますね♪

 

本日もお読みいただき

ありがとうござました♡

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000