抱っこで疲れるんです。。横抱っこ編

こんにちは(^^)

irodoriです♪

 

育児をしていると

みなさん大変と思うのが

抱っこではないでしょうか?

 

特に首や腰が据わっていない

ホニャホニャの赤ちゃんは

支えるところがいっぱいあって大変。

 

今日はママも赤ちゃんも

安全、楽な抱っこのポイントを

教えちゃいます!!

 

ちなみに抱っこは発音と密接に関係しています!

(これはまた後日)

安全、安心な抱っこで発音を育みましょう♡

 

それでは参ります♪

 

赤ちゃんの体がばらけない工夫をする

おひな巻き

または

バスタオルで

赤ちゃんの体がばらけないように工夫します。


 

バスタオルを赤ちゃんの下に入れてあげるだけで

手足のばらつきを防止できます♪


 

バスタオルのまま抱き上げます


 

この時

・手と足がばらけないように

・顎が上がらないように

腕全体で優しく包み込むように抱っこします。

 

ママの二の腕で

赤ちゃんの後頭部と

赤ちゃんの太もも〜膝裏を

支えるように

 

赤ちゃんの位置が低くなると

抱っこしにくいので

胸の位置が抱っこしやすいです。

 

ママの肩の力が入らないように。

 

赤ちゃんはこんな感じで安楽にいられます。



 

赤ちゃんのママ側にある手が

ママの脇から落ちないように

気をつけましょう。

 

ポイントをまとめると

 

赤ちゃんの

・体が全体がねじれない

・顎が上がらない

・手足がばらけない

・赤ちゃんが安楽でいられる

 

ということが大切になると思います。

 

参考にしてみてくださいね♪

 

*****

 

1月から本格始動です♪

個別相談をどんどんおこなっていきますよ(^^)

 

要望があれば

全国どこでも

集団講座もおこないます♪

お問い合わせはこちら

 

本日もお読みいただき

ありがとうございました(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000