子どもが緩むタッチ〜子どもの体は変わります〜

こんばんは(^^)

irodoriです♪

 

みなさんは

お子さんに触れるときのタッチを

気にしたことはありますか?

 

抱っこするときも

手をつなぐ時も

なでる時も

 

お子さんに触れるときのタッチを

少しだけ意識すると

子どもの体が変わってきます。


(先日の沖縄にて。子どもと♡)

 

私は子どもが生まれて

子どものために発達について勉強を始めました。

 

その時にとっても驚いたのが

子どもに触れるタッチで

子どもの体が変わるということでした。

 

我が子は当時

5か月で体はガチガチ。

 

追視や注視は苦手でした。

肩はすくみ、手は動かしづらく

寝返りやずりばいもしづらい体でした。

 

勉強を始めて

タッチが大事とわかってからは

日中もですが

夜な夜な変態のように(笑)

子どもの体にタッチし温め

子どもの体に触り続けました。

 

そのおかげか

今ではクラスで1番を競う

足の速さになっています(^^)

(もちろんタッチの他にもいろいろやりました。)

 

どのようにタッチし温めたかというと

子どもの体の冷たい部分にそっと触れる

体の硬いなと思う部分にそっと触れる

 

今日はちょっと怒りすぎちゃったなと思って

子どもの胸と背中にそっと触れる

 

お腹が痛いと言えばお腹にそっと触れる

頭が痛いと言えば頭をそっと触れる

 

触れて少しの間じーっと

優しく温めると

子どもの体は緩んで

ふわっと柔らかくなってきます。

 

その時に

ママは緊張しないこと。

 

肩の力を抜いて

体はリラックスして。

 

子どもに触れる手は

生まれたての雛をつぶさないように

優しく包むイメージで。

 

シャボン玉をわらないような力で。

お子さんの呼吸を感じて。

 

そうしていると

子どもの体が緩むだけでなく

ママの心も緩んできます。

 

毎日は無理かもしれませんが

ふと気がついた時に

お子さんに触れる手を意識するだけで

お子さんは変わってきますよ(^^)

 

どんなに良い

食べ物を食べさせても

遊びをさせても

教育をしても

基本となるのは

触れることだと思います。

 

と偉そうに言っていますが

今日は子どもがなかなか寝なくて

イライラしたのは

内緒です。笑

 

(いつも発達のこととか偉そうに言ってるけど

普通にイライラしますし、普通に怒ります。反省。笑)

 

ちょっとイライラを子どもにぶつけてしまったので

寝ている子どもをこれから優しくタッチして

子どもに触れながら寝ようと思います♪

 

***

1月からは個別相談をスタートします♪

  • 生まれてからの歩くまでの発達はなんで発音を育むの?
  • 抱っこや抱っこ紐について知りたい
  • 離乳食の進め方がわからない
  • 健診で言葉が遅いって言われたけど、どうしたらいいのかわからない。
  • 発達障害って言われたけど、どう関わればいいのかな。

などなど

お子さんの発音、食べること、発達について

個別でのご相談をどんどんおこなっていきますよ(^^)

 

訪問、skypeどちらも可能です。

 

訪問の場合は

まずママの振動数を上げてから

個別相談を行ってきます♡

お問い合わせはこちら

 

本日もお読みいただき

ありがとうございました♡

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000