抱っこ紐の上手な使い方

こんにちは(^^)

irodoriです♪

 

抱っこ紐について

悩んでいることはありませんか?

 

今日は抱っこ紐の上手な使い方についてです(^^)


 

まず最初に。

私は

赤ちゃん用品店で売られている抱っこ紐より

スリングをお勧めしています。

(リングスリングが調整できるので良いです。)

 

それは

私が使って良かったから(^^)

 

子どもに合わせて

自由自在に抱っこできるからです!

(市販の抱っこひもは子どもが嫌がってダメでした。)

 

でも

せっかくスリングを使っていても

使い方が間違っていたり

ママの体に負担がかかる使い方をしてたり

無理やりお子さんをスリングに合わせる抱っこをしている方も。

 

ご使用になる前に

お子さんに合わせた使い方を教えてくれる方に

習うと良いと思います♪

(私もお伝えできます♡)

 

話が逸れました。

 

さて

抱っこ紐です(^^)

 

もうすでに抱っこ紐をお持ちなら

それをどうにか使いたいのが

本心ではないでしょうか?

 

ポイントを整理してみますね(^^)

 

ポイントとなるのが

お子さんを抱っこ紐に合わせるのではなく

抱っこ紐をお子さんに合わせる

ということです。

そして

・お子さんの位置は頭にチューできる高さですか?

・膝や股関節は曲がって、自由に動かせる位置ですか?

・左右対象で入れていますか?

・お子さんとしっかり密着していますか?

・頭が後ろにたれていませんか?

 

最初に素手で抱っこして

安心安全な位置を確認してから

抱っこ紐でお子さんを包んでいく

 

そのようにして抱っこひもを使うと

良いと思います♪

 

ちなみに

小児整形外科学会の

股関節脱臼のガイドライン(?)シンポジウム(?)で

(はっきりしなくてすいません)

抱っこひも使用時間は20分が限度でしょうと

おっしゃった先生がいたんだとか。

 

時間はどうであれ

小児科の先生も抱っこひもの長時間の使用は

良くないと思っているようですよ。

 

***

1月からは個別セッションをスタートします♪

  • 泣き止まない
  • 抱っこじゃないと寝ない
  • 頭の形が気になる
  • 向きグセ大丈夫?
  • 寝返りを片方しかしなくて心配
  • ハイハイが変
  • 離乳食が進まなくて困っている
  • 言葉が遅いけどどうしたらいい?
  • 発音が心配

などなど

お子さんの発音、食べること、発達について

個別でのご相談をどんどんおこなっていきますよ(^^)

訪問、skypeどちらも可能です。

(訪問は札幌市、札幌市近郊)

 

お子さんに関わる職業の方へも個別セッションにて

私の持っている知識をお渡しできます。

  • 発達のことを知っていればもっとアドバイスできるのに
  • こんなこと聞かれたけどどうやってアドバイスしたらいいかな
  • おすわりで背中が丸まるのはなぜ?
  • ハイハイが変なのはなぜ?
  • なんで転んでも手が出ないの?

などなど

お子さんに関わってるからこそ出てくる疑問

アドバイスの仕方など

すぐ実践できる方法をいっぱい詰めて

お伝えします♡

お問い合わせはこちら

 

本日もお読みいただき

ありがとうございました(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000