座ってられないのは、何でもかんでも体のせいではないですよ。

こんばんは(^^)

 

 

お子さんの発達の事や

体の事を気にして

自分でも勉強しているママは

 

 

 

ご飯の時に座ってられないのは

体の使いづらさが原因だ

など書いてあるブログをよく見ると思います。

 

 

 

 

確かに

座りやすいように工夫してあげる事や

体を使いやすいようにマッサージしてあげると

落ち着いて座れるようになる事がありますし

 

 

実際お子さんを見ていると

座れない多くの原因がそのような事だったりします。

 

 

 

でも

すべての原因が体ではないということ

頭に入れておいてもらいたいなと思います。

 

 

 

例えば

ご飯の時間だけど

あまりお腹が空いてない場合は

そもそも食べたくないから座れないし

 

 

1歳前後で母乳をまだ飲んでいると

おっぱい大好きでご飯にあまり興味がなかったり

 

 

ご飯よりも

他に興味があったり。

 

 

 

 

 

 

体の状態が良くても

ご飯よりも興味を引くものがあれば

 

 

単純に座ってられない事もあるのです。

 

 

 

 

 

 

だからこそ

お子さんの声を聞いて

 

 

座っていられない理由はなんだろうって

探ってみることが大切です(^^)

 

 

 

足の裏がしっかり床につく?

膝が90度に曲がっている?

お尻の骨(坐骨)に体重が乗っている?

背中と背もたれに変な隙間がない?

他に興味の引くものはない?

お腹は空いている?

 

 

大人が調整してどうにかなるものは

調整してあげるけど

 

 

お子さん自身の興味の問題だったりすると

どうにもできないですよね。

 

ご飯前にはおやつやジュースなどを控えて

お腹を空かせて

興味を引き出すような仕掛けをするとか

 

 

おっぱい大好き星人は

それでもおっぱいが良かったりもするので

ママ自身がドンと構えて受け止めるとか。

 

 

 

 

何より大切なのが

 

座れない=悪い

 

ではなくて

今の状態として受け止めて

 

 

今後どうしたら座ってくれるかな?

どのような環境調整したらいいかな?

どのような発達を促す遊びをしたらいいかな?

 

 

ってことを考えてみてください(^^)

 

 

 

 

 

お子さんの状態が悪いからどうしようって思うよりも

今よりもよくなるためにはどうしたらいいかな?って

 

 

ママ自身も前向きな気持ちで

成長を楽しみに待てる気持ちで

 

お子さんに接してみてくださいね♪

 

 

 

 

そして

何かヒントが欲しいママは

ぜひ講座へお越しください♪

 

 

各年齢ごとに

年齢の特徴的なことや個人差をお話して

発達を促す遊びをたっぷりおこないます(^^)

 

疑問に思っていることも

お答えしながら講座をおこなって行きますよ♪

 

お待ちしております!!

 

 

 

 

土日は豊富へ行きます♪


4月6、7日は沖縄♪まだまだ空きがあります!!

4月28日は虫歯予防のお話です!!

 

 

各種講座も絶好調♡3月4月

 

よろしくお願いします(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000