うつ伏せを嫌がるからやらなくてもいいのかな?

こんばんは(^^)

 

かれこれ7年近く使っている包丁が

切れなさすぎて

悲しくなってきたので

 

そろそろ本気を出して

買い変えようかなって思っている三上です。

 

 

 

さて

今日はうつ伏せについて書いてみます。


 

 

よく生後1か月頃から

おむつ替えの後などの

機嫌の良いときにうつ伏せにさせてねと

 

いろんなところで言われると思います。

 

 

でも

うつ伏せにすると泣いちゃうから

とか

うつ伏せにするのがこわいから

とかで

 

なかなかできないママもいるようです。

 

 

 

うつ伏せ遊びが

なぜ大切なのか知っていると

 

少しやってみようかなって

思えるママもいると思ったので

 

 

うつ伏せ遊びが

なぜ大切なのか考えてみます(^^)

 

 

************


最初はうつ伏せにしても頭を上げられませんが

うつ伏せ遊びを繰り返しているうちに

しっかり首を上げられるようになり

 

 

うつ伏せ遊びをたくさんしてあげた方が

しっかり首がすわってくれます。

 

 

しっかり首がすわってくれることで

食べることや発音することの

土台となる部分がしっかり育ちます。

 

 

 


うつ伏せ遊びをするまでは

仰向けになっているので

視界に入ってきたものを見るという状態だったけれど

 

 

うつ伏せになると

自分で見たいところを見るということができる

(見たいところ見れる範囲が広がる)ので

 

 

うつ伏せでしっかり何かを見て遊ぶということが

大きくなった時の教科書を読むなどの

見る力の土台となります。

 

 


 

うつ伏せになった状態での

重心の移動や

体にいろんな刺激が入ることに慣れている

ということが

その後のずりばいやはいはいの動きへ繋がるので

 

うつ伏せ遊びをたくさんさせてあげた方が

その後の発達の土台がしっかりとでき

 

運動能力の土台になります。

 

************

 

 

細かく言えばうつ伏せ姿勢には

もっともっと発達を促し

いろんなことの土台となるのですが

 

 

そこまで覚えなくてもいいです!!

 

 

 

とにかくうつ伏せで遊ぶってことが

大きくなった時の

 

食べる

発音する

お勉強する

運動する

 

につながっているんだよってことを

覚えておいてください。

 

 

 

最初は

ほんの数秒しかできないかもしれないです。

 

 

本当に短い時間でいいので

1日の中で

何回もやっていくことが大切になります(^^)

 

 

 

 

うつ伏せが嫌いな子に

工夫をしてあげることで

 

楽にうつ伏せができるようにもなります♪

 

 

そんなお話は

0歳クラス・ねんねでもお話できますので

ぜひ興味のある方はお越しくださいね♪

 

 

4月の予定も出ていますので

ご確認ください(^^)

 

 

よろしくお願いします♪

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000