小児の医療従事者だからって、発達のことを知ってると思ったら大間違い。

今日はちょっと毒舌モードです!!

 

こちらの画像で心を落ち着かせてから

お読みください。


(落書きされた、私の相棒)

 

じゃなくて、、、

こちら↓


 

 

 

 

 

 

 

ママたちが勘違いしがちなのが

子どもに関わっている医療従事者なら

子どもの発達は何でも知ってるだろう

ということです。

 

 

もちろん

○カ月(○歳)になったら

〇〇できる

 

という

誰でも知っている

ロボット的な知識は持っています。

 

 

しかし

おすわりできるようになるためには

 

バランスが崩れた時に戻す反応や

身を守る反応

重力逆らって体を起こすための必要な事ができ

 

やっとおすわりができるようになる事が

説明できる人が少ないです。

 

 

だから

○カ月でおすわりできないのはおかしい。

クッションで囲っておすわりの練習をしなさい

 

 

とか

健診で言っちゃう医師がいるんですね。

(健診でも当たり外れありますからね〜(ー ー;))

 

 

 

あとは

絵カードばっかりやってて

子どもの発音も聞き取れない

言語聴覚士とか。

 

 

根拠もなく

大きくなれば大丈夫だよって言っちゃう

看護師とか。

 

 

診断だけつけて

月に1回の面談だけで

お家でできることを全く言ってくれない医師とか。

 

 

とかとか。

 

子育てしてれば

一つや二つ「?」と思う事を言う

医療従事者にお会いした子があるのでないでしょうか?

 

 

医療従事者には

それぞれの専門性があるので

 

子どもに関わっているからって

何でも知っているというのは

違うのですね。

 

 

その人の専門分野を見極めることも

大切になります。

 

 

 

そして

専門分野のはずなのに

 

相談してもすっきりとする答えが返ってこない場合

 

相性が合わないか

その方の知識不足の場合もありますので

 

相談相手を変えたらいいと思います。

 

 

 

あ、私、対面だけでなく

スカイプ相談もメール相談もやってますよ♡

(宣伝かっ!!笑)

 

 

 

イロドリには

今までずっと大きくなったらよくなると言われ

でもママが納得していなかったとか

 

 

健診で指摘され

でもなんか違和感を持っていたなど

 

 

医療従事者に言われた事に

モヤッとを抱えていたママが多くお越しくださいます。

(みなさん、今何したらいいかのアドバイスはもらえていない。。)

 

 

お家でできることをお伝えすると

ママもお子さんも自信を持ってキラッとして

お帰りになります。

 

 

その時から

ママもお子さんも変わっていくのですね。

 

 

 

という事で

モヤッてるくらいなら

イロドリへ相談して

解決しちゃってください♪

 

 

 

 

子どもの本質や性格も含め

育児に役立つ発達のことを知りたいなら



 

年齢別での関わりを知りたいなら


 

 

4月の予定とお申し込みはこちらです

 

 

 

なんか

今まで思ってた事を書いたら

すっきりしました!!

 

 

こんな毒舌な記事を

最後までお読みいただき

ありがとうございました♡

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000