縦抱っこも間違えると股関節や体に負担がかかりますー。

以前に抱っこのことを書きました。


 

横抱っこの認識が違うんじゃー!!

とえらそうに言っていますが、笑

 

 

縦抱っこはどうなんでしょう?

 

 

皆さんは

この抱っこや↓


 

この抱っこを↓


 

見て、どう思いますか?

 

 

普通?

それとも、

お子さんが辛そうだなと思います?

 

 

股関節の視点からは

・立体的なM字

・固定しない

・圧迫しない

が大切です。

 

 

体全体のことから言うと

・大人の手で子どもの体を押し付けない

・左右対称

・手足がばらけない

・自然な足の形

・体支えられてリラックスできる

ということが大切だと思っています。

 

 

では


この写真だとどうでしょうかね?

 

・股関節は伸びてしまって、圧迫されちゃっていますね。

・まだ、体がグニャグニャするお子さんだと、支えが必要です。

この時、手で押し付けてしまうことが多いです。

 

他、何を感じるでしょうか?

みなさん、考えてみてください。

 


ではこちら↑だとどうでしょう?

・足は開いてますが、立体的なM字とは言えず、無理くり開いている状態ですね。

・足の開き方が右と左で違います。

・体もクニャッて曲がってます。

他、何か気づいたことはありますか?

 

 

どちらも

子どもの体に負担がかかってそう。。

 

 

お子さんがある程度大きくなると

対面でも

立体的なM字で抱っこが出来ますが

 

 

小さいうちは

無理に足を開いたり

 

足を開きすぎて膝が曲がらずに

ピーンと伸びた状態に足がなったりします。

 

 

そうすると股関節にもあまりよろしくないです。

 

 

さらに

私の場合は

自分の体の使いづらさもあるので

小さいお子さんの縦抱っこは難しいです。

 

 

なので


こんな抱っこを。

 

これね、慣れると片手でもできますので

大人も楽です。

 

お子さんも腕の中で

支えられながらも手足を自由に動かして

いろんなものが見えるので

 

ご機嫌です。

 

 

抱っこのこと

少しだけでいいので

気をつけてみませんか?

 

 

ママもお子さんも

心地よくいられるはずですよ♪

 

 

 

*単発講座のご案内です*


↑リクエスト受付中♡


↑ママ自身にタッチをする講座です。自分にかえる大切な時間。


↑何度でも聞きたいお話。虫歯にならないためには、歯磨きよりも大切なことがあります。

・7月15日は子どもと関わる職種向け「ことばが出る仕組みと体の発達」

↑ことばが出るってどーゆーことか、一つ一つ段階を追ってみていきます。

・年齢別講座や個人セッションも受け付けていまーす♪こちら

 

 

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000