【離乳食】上あごに擦りつけるのが良い方法?コップ飲みの練習は最後の最後?

こんにちは(^^)



昨日の離乳食講座、

とっても楽しかったです♪



離乳食講座では

・離乳食の意味

・食具に大切さについて

・お口の動きから見る進め方

・座る姿勢について

・実習(一口量、食材の大きさ、コップ飲みとストロー飲み)

についてやっています。




講座の中では、

スプーンは上あごになすりつけないでね!
下の唇に乗せて閉じるまで待つよ!

とお話ししています。



そんな話をしていたら

昨日参加された方の中に

「母がいろいろ言ってきて。上あごになすりつけて食べさせるの!って言うんです。」と。




アボーン。。



そうなのか。。

私たちの母世代も

上あごに擦りつけるあげ方をしていたのか。。



と、驚いてしまいました。

(参加された方には

「今日の資料、お母さんに見せて!!講座受けてきたら違ったって言って!!」

と、熱くお願いしました。笑)




そして、

「ストロー飲みの練習はいりますか?保健師さんから、コップ飲みは最後の最後って言われました。」との質問も出まして。




アボーン。。



保健センターでそんな指導しているの!?




スパウトやストローマグでの飲みは、

赤ちゃんの飲み方で飲めてしまうのです。




離乳食は大人の飲み込みの練習をするもの。

離乳食を始めたのに

スパウトやストローマグの練習をたくさんしてたら



離乳食で大人の飲み方を練習しているのに

スパウトやストローマグで赤ちゃんの飲み方もさらに練習している



相反することをしていて

けっこうトンチンカンなことをやっていることになります。




ストローマグとかこぼれないので

お出かけなどには良いと思いますが



おうちではコップ飲みの練習をしてください!!

(コツがあるので、ぜひ講座を聞きに来て!!)




最後にまとめておきます!!



皆さん、いいですか!!

スプーンは上あごになすりつけない!!

スパウト、ストローマグの練習はいらない!!

コップ飲みの練習をしよう!!



ぜひ、これだけは忘れないでね(^^)








*母親とかが何か言ってきてたら

このブログ見せてあげて!!



食べることの支援のプロの

言語聴覚士が言っているよって!!



親との板ばさみなったら

ぜひ一報ご連絡くださーい。




それでは、またね♪

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000