【発達】ハイハイ長くて心配になった。

おはようございます!


札幌は今日も良いお天気です(^^)




先日、お客様に

「周りの子が歩くの早くて、うちの子はハイハイが長くて心配になったけど、ブログを読んで良いことなんだって安心した。」と

嬉しいお言葉をいただきました。


ありがとうございます(^^)




今は、新生児から立て抱きをしたり

背中がピンと硬くて丸くなるのが苦手な子が多いように思います。



そのようなお子さんは

ハイハイの姿勢よりも

立つ姿勢の方が楽だったりもするので



大切なハイハイを

十分にしないで立ってしまうことが多いように感じます。




でも、実はハイハイには

立って歩くために必要な

筋肉の発達

バランス感覚の発達

転んだ時に身を守るための反応


その他、この後一生歩いて生活するための土台となる

必要なことがたくさん詰まっています。





だから、

早く歩くよりも


たくさんハイハイしてそのあとに歩いた方が
体にとってとてもいいのです。




最初、発達がゆっくりに感じるかもしれないけど

ゆっくり見守ってじっくり成長した方が

体の使い方が上手になってくれるので



歩き始めてから育てるのが

結果的に楽になったりするのです(^^)



そして、想像がつかないかもしれませんが

ハイハイは学校へ入ってから

読み書きする上でもとっても大切な動きだったりもします!





生まれてから歩くまでって

一生のうちで1年半くらい。




その1年半くらいに
体の基礎となるものが全部詰まっています。





だから、ハイハイだけでなくて

寝返りやズリバイなども含め

早ければ良いではなくて




ゆっくりでもいいから

一つずつ確実に

それぞれの動きをじっくりやりきって

成長した方が良いのです!




今、リアルタイムで0歳のお子さんを育ている方は

焦らずに一つ一つ確実に発達を促して欲しいです。




今これを読んで

うちの子、ハイハイあまりしなかったなーとか

寝返り片方しかしなかったなーと思ったら



今からハイハイや寝返りの動きをたくさんやってみてくださいね!!




あとは、

・よじ登る

・ジャンプする

・丸くなる

・ぶら下がる

と云う動きも大切だったします。




これは、学校入る前までに

たっくさんやって欲しい動き。



ぜひ、お子さんと体をいっぱい使って

遊んでみてください(^^)


ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000