【ポンコツ日記】ジムの事情

こんばんは(^^)


ここ最近、ずっとブレては戻ってを繰り返し


結構、下がっている時もあったので

いよいよまずいかなーと思ったんですが。




今日朝、基本に戻って振動数を上げて

打ち合わせしたり

ホームページの直しの原稿作ったり

ことばの教室したり



そしたら、理由がわかりましてね。




その理由が、ゲスい、、、というか

中学生?みたいな内容で。

(恥ずかしくてここにはかけない。)




私バカなの?
ねぇ、そうなの?



って思ったら

一気に霧が晴れました!笑




なので、プライベートのフェイスブックで

ちょいちょい小出しにしている

ジム事情をお伝えします。




娘の小学校入学と同時に

社会人バスケにいけなくなったので

(バスケに行くと寝るの22時半とかになるから。)




運動するためにジムに通い始めました。

週1くらいでね。



最初は

慣れないジムで、


周りに圧倒されていましたが、

だんだん私も慣れてきたわけです。





ちょっと余裕な顔して

もうすでにここ何年も通ってるから?何か?

って顔してます。

(新しい場所へ入っても、昔から居たみたいだねってよく言われるタイプ。笑)




が、

マシンのウエイトは一番軽いもの


トレッドミルは推定60歳代の

おばちゃまがランニングしている横で

ウォーキングという名の

ただの早歩き。



弱小筋ジムトレ。




そんな弱小ジムトレをしてるわけですが


気がつけば

小物たちが全部ピンク



ウェアまで間違えてピンクにして

パー子と呼ばれるのは

時間の問題だなって自分でも思っています。




そして、

火曜日にジムへ行って

マシンの使い方を新しく覚えまして。




レベルが1上がったと思いきや




実は、私。



ジムバッグを持っていない!
ジムに行く時はキキララちゃんのエコバッグ!!




なので、いつまでたってもレベル0のままなのであります。






パー子、いつまでキキララのバッグなんだろうね〜

って言われるのも時間の問題だなって

自分でも思っています。





みなさん、とりあえず、ジムに行くなら

ジムバッグを買うことから始めるのを

お勧めしておきます。



それか、いっその事

ジムでキキララのエコバッグを流行らせる活動を

一緒にしませんか?




お仲間、お待ちしておりまっす!!

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000