娘の中の小さい娘

おはようございますー♪

(顔が隠れてるけどホーってお口をしているのよ♪)



むっちゃんが素敵にブログで

発達相談のことを書いてくれました♪


こちらからお読みください!



むっちゃんのブログにも書かれていますが

発達障がいのお子さんのお子さんは

魂の質が違う。

こんなに簡潔にまとめてくれるなんて

感動。



私も言語聴覚士として働き始めてから

ずーっと前から感じていたことです。

(言語化できなかったけど、むっちゃんのブログを読んで言語化してもらえてすっきり!)



最初の頃は

なんか膜が張ってて、この子の世界に入れてもらえないなー

この膜が外れたらこの子伸びるのになー

ということをなんとなく思うくらいだったのですが。


今は

人間の体と魂がうまく繋がってないんだなー

体と魂は繋がってきたけど使いこなせてないんだなー

コミュニケーションの取り方のルールがまだわからないんだなー

人間のルール自体がわかってなんだなー

などわかるようになりました。


医学的な観点から見ると

トンデモって言われちゃうんだけどさ。


でもそうなんだもの。


そしてね

そこをわかって

あとは体の状態とか

言語の発達とかをね

医学的に見ていくと


お子さんが伸びる糸口が見つかっていくんです。



直感で感じたことを

医学的観点に結びつけていくと

最強なんですよね。



そしてね

魂の質が違うことがわかると

お母さんにこの子はこうやって接すると良いよって

取扱説明書じゃないけど

説明しやすくなります。



これからはそんな視点も隠さずお話していきますね!



でね、昨日娘のことで発見したことがあったんですけど。

娘の中にまだ3歳くらいのミニ娘がいたんです!


これは

長くなるので次に書きまーす

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000