発音について家でできることはありますか?②

こんにちは(^^)

irodoriです♪

前回の続きです♡

 

発音のためにお家で出来ること!

ではいきましょう♪


 

・吹く遊びをしましょう

コップに水を入れてストローでブクブクする

シャボン玉

ピンポン球を吹いてころがす

巻笛

などなど

強く吹く、弱く吹く、短く吹く、長く吹く

様々なバリエーションでおこないます

 

発音も呼吸と関係しているので

息がコントロールして出せるようになると

発音も上手になりますよ♪

 

・離乳食や食べる機能を育みましょう

食べることも発音することも

同じお口で行います。

使われる筋肉は違うこともありますが

食べる動きはとても緻密です。

 

離乳食や食べる機能を育むことで

発音にも良い影響がありますよ!

 

・発音にこだわらずたくさん喋ることが大切

まだ子どもが小さいうちは

いろいろ間違えながら発音を覚えます。

そして正しく言おうと思っても

言えないことが多いです。

そこで言い直しをさせると

話すこと自体が嫌になることも。

 

言い直しをさせるのではなく

正しい発音を聞かせてあげてください(^^)

 

例えば

「すいか」を指差して

「しゅいた」と言ったとしたら

大人は

そうだね!すいかだね!

と自然な流れで正しい発音を聞かせてあげてください。

子どもはちゃんと聞いていますよ♪

 

まだ他にもありますが

今日はとりあえずここまでにします(^^)

 

ふうふやさんにお呼びいただいて

講座を行います♪


よろしくお願いします(^^)

本日もお読みいただき

ありがとうございました♪

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000