見ることが運動、発音、食べること、読み書きの始まり

こんにちは(^^)

irodoriです♪

 

今日は

生まれて最初の発達段階の

「見ること」

について書いていきますね♡

 


 

赤ちゃんの発達は

上から下へ

真ん中から外側へ

進んでいきます。

 

そして

最初にできるようになることが

注視(じっと見ること)

と言われています。

 

実はこのじっと見ること

 

大きくなって

運動、発音、食べること、読み書き

生活のすべてに影響するのです。

 

なので

赤ちゃんの時に

しっかり見ることを遊びの中で

サポートしていくことが大切なのですね(^^)

 

生まれたての赤ちゃんでも

30㎝〜50㎝の距離は見えていると言われています。

 

最初は

白黒などのコントラストの濃いもの

原色のはっきりした色

を好むとされており

 

形は丸いものをよく見ると言われています。

 

ママの顔も好んで見ていると言われています(^^)

 

30㎝〜50㎝というと

ママが赤ちゃんを横抱っこして

見つめる距離だったりしますね。

 

安楽な抱っこで

じっと赤ちゃんを見つめる

 

それだけでも注視(じっと見ること)を

促すことができるのです(^^)

 

モンテッソーリの教具でも

ムナリモビールやゴビモビールというものがあり

 

世界的に伝統的な

育児法でも

見ることが大切にされていますよ♪

 

見るときのポイントとしては

自分の体の真ん中(正中)で

顎を引いた姿勢で見ること

 

そうすることで

運動の発達や

脳の発達をとても健やかに

促してくれます(^^)

 

前回の記事の

子どもの体の仕組みのポイントと合わせて

 

じっと見る遊びを行うと

 

発達の第一歩を健やかに進めることができますね♡

 

参考にしてみてください♪

 

 

1月のご案内です↓





 

各講座

時間:10時〜11時30分

定員:5名(お子様連れ可能)

料金:6000円

場所:札幌市中央区(駐車場あり)、地下鉄より徒歩5分

持ち物:お子様のお世話に必要なもの、筆記用具

お申込みはこちらから

 

 

個別の講座もあります♪

↓↓↓


こちらは実践型のオンリーワンの講座です♡

 

お子さんの気になることに

医学的知識と経験をもとに

 

お子さんの体を緩めたり

体を緩める遊びや

発達を促す遊びを

 

実際に行いながら

どんどん問題を解決してきます♪

ママも心をパッと明るくする楽しい講座です(^^)

 

詳細・お申し込みはこちら

 

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000