舌の裏のつっぱり切る?切らない?

おはようございます(^^)

 

 

札幌は雪がたくさん降り

雪かきが大変だーという朝でした。

(実はまだしてない。

大変そう。どうしよう。

と思っている段階です。笑)

 

 

本州や九州でも雪がたくさん降っているようですね。

外出時は十分にお気をつけくださいね。

 

 

 

さて、今日は

最近、いろいろ聞かれることが多い

 

 

 

舌の裏のスジのつっぱりについて。

舌の裏のスジは舌小帯というのですが。

 

 

舌小帯短縮症とか

舌癒着症などと言われることがあります。

 

 

赤ちゃんの時に見つかると

 

おっぱい飲むの下手だから切りましょうとか

ミルク足してねと

言われることもあるかも。

 

 

これは私の考えですが

舌のつっぱりだけでおっぱいが飲めないということは

あまりなくてですね

(中等度から重度の場合は影響していることもあります)

 

 

本当に

舌のつっぱりで飲めてないのか

 

 

赤ちゃんの体の状態も影響しているのか

ママの体の状態や姿勢が影響しているのか

 

 

それらすべてか

 

 

ちゃんと見る必要があると思います。

 

 

なので

舌のつっぱり=おっぱいを飲めない

ではありません。

 

 

 

 

でもね

それもちゃんと見ないで

ひどいところなら

ただパツンと切っちゃう可能性も。。

 

 

 

ただパツンと切ってしまうと

再癒着の可能性もありますので

(それで困ってどうしようもなくなった子も見たことあります。)

 

 

 

切るなら

丁寧な手術してくれるところで

切った方がいいと思います(^^)

 

 

 

 

舌のつっぱりも

病院によって切る切らないがすごく分かれるのですが

 

 

 

今の医療の流れから行くと

切らない

というのが主流です。

 

 

 

ですが

見た目とかの問題もあるので

それも加味して手術を考えていきます。

 

 

 

切りたいと決めている場合には

丁寧な手術してくれるところであれば

切って何か問題は起きることがありませんので

切って良いと思います(^^)

 

 

 

ただ

 

全身麻酔で負担もかかるし

できるなら手術したくないな。。

 

そう思っている場合は

 

 

 

舌のつっぱりが

舌の運動に影響しているかどうかを

 

 

ちゃんと評価してくれる病院に

かかると良いと思います!

 

 

 

できれば

発音や食べることにも影響していないか

見た方がいいので

 

 

 

舌のつっぱりと舌の機能をよくわかった

言語聴覚士のいるところがいいです。

 

 

 

舌のつっぱりが影響しているのか。

トレーニングだけで大丈夫なのか。

 

 

この見極めが大切かと思います。

 

 

 

 

そして切るとなった場合も

切った後もちゃんと見くれて

 

 

まだ動きづらい場合は訓練をしてくれる

そういった病院にかかるのが理想です♪

 

 

安心してかかれる病院を見つけておくと

良いですね(^^)

 

 

 

 

もっと詳しく

舌のつっぱりについて聞きたい場合は

 


 

 

 

個人セッションまではいいけど

ちょっと話を聞いてみたい方は


で哺乳や食べる機能と絡めてお話しできます♪

(お子さんに合わせた話よりは一般論的なお話しになります。)

 

 

コメント欄に

舌のつっぱりについて聞きたいです

とご記入してお申し込みください(^^)

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000