言葉が遅いと言われましたが、様子を見るだけで心配です。

こんにちは(^^)

irodoriです♪

 

まだお子さんが小さい場合

言葉が周りよりも遅いと

とても心配になるママも多いはず。

 

そして

1歳半健診などで

 

「言葉が遅いですね。様子を見ましょう。」

なんて言われた日には、、、

 

不安でいっぱいになりますよね。

 

私の接し方が悪かったのかな?

あの時にあれをしたから?

これから何をすればいいの?

と思うママも多いはず。

 

それなのに

保健センターでは

具体的な接し方などの話は少なく

月に1回通っても

ママの話を聞くだけで終わり

なんて場合も。

 

そんなママ達へ

私が考えるお家でできることを

お伝えしますね(^^)

 

まず

発する言葉が増えるためには

理解している言葉が増えないといけません。

 

知的な発達のレベル以上の言葉は出ません。

 

なので

まずは言葉の理解を増やす関わりが必要です。

 

例えば

「りんご」



・りんごという名前

・赤い

・丸い

・果物

・食べるもの

などなど

様々な側面があります。

その側面に触れるような関わりが必要ですね。

 

そして何よりも

実物そのものに触れることも大切だと思います。

 

実体験を通して言葉が増える事が多いので

いろいろな経験をする事が

大切です。

 

もう一つは

次に同じ月齢・年齢のお子さんや

少し上の月齢・年齢のお子さんと遊ぶ事

 

子どもはとても好奇心旺盛なので

自分よりもレベルの高い事は大好き。

子ども同士でも関わった方が

言葉が伸びる事もあります(^^)

 

言葉が遅かったけど

保育園や幼稚園に行くようになったら

一気に言葉が増えたという事も

よくあります。

 

多少喧嘩などあったとしても

見守りながら

同じ月齢・年齢や

少し上の月齢・年齢のお子さんとの関わりを

見守ってあげたいですね(^^)

 

そしてもし

心配で心細く

悩んでしまう場合は

子どもの言葉をみれる言語聴覚士に

相談することも良いかと思います。

 

大学病院系には

子どもを見れる言語聴覚士も多いと思いますし

発達クリニック系にいる

言語聴覚士も子どもを見れると思います。

 

見てもらえるか

確認をしてみてはどうでしょうか?

 

最後に忘れて欲しくないのは

「お子さんはお子さんのペースで発達していく」

ということです。

 

一つ心配なことがあると

どうしてもできないことを見がち。

 

でもね

日々お子さんはできることが増えているはずです。

 

お子さんの得意なことは何でしょう?(^^)

 

今はまだ

できないこともあるかもしれませんが

一つでもいいので

お子さんの自信につながることを

伸ばしてあげることが

とっても大切だと思います♡

 

目の前のお子さんの良いところを

たくさん伸ばしてあげてくださいね(^^)

 

次の記事でも

もっと具体的にできる関わりを

お伝えしていきますね(^^)

 

もうしばしお待ちください!

 

沖縄で講座でも

発音についてお話をします♪


 

本日もお読みいただき

ありがとうございました♡

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000