言葉が遅いと言われたときの、声かけの工夫

こんにちは(^^)

irodoriです♪

 




私の考える対応を書きました!

 

今日は

声かけの工夫について

書いてみようと思います(^^)

 

お子さんがまだ言葉を発さないときや

言葉が少ない時は

「あ!」と言いながら

指をさすことが多いはず。

 

例えば

取ってほしいものを指さして

「あ!」と言ったり。

 

そんな時、家族や

特にママは

瞬時にお子さんがなにを要求してるか

わかってしまいますよね(^^)

(ママってすごいですよねー♡)

 

だから

「はい、これねー(^^)」と

すぐ取ってしまうことも

多いのではないでしょうか?

 

ですが

そこをぐっと一息こらえて

「何?何がほしいの?」



子どもが答えられる間(ま)を

作ってあげましょう♪

 

もちろん

まだしゃべれない場合は

返事は返ってきませんが

 

この間(ま)で

お子さんのお話しする機会を

与えてあげることが大切です!

 

子「あ!」

ママ「何?何がほしいの?」

子「…」

ママ「お人形?どうぞ(^^)」

 

こんな感じです。

 

そして

指さして要求していた物の名前なども

正しく聞かせてあげることも

 

言葉の発達にはとても大切になります!

 

特別に何かしなくても

ちょっとした関わりを意識するだけで

 

少しずつ

お子さんも変わってきますよ(^^)

 

しつこいですが

沖縄で講座をします♡笑


 

お口遊びや離乳食や食べる機能を

大事にすることも

言葉の出かたに

とても関係があります!

 

またそれも書きますねー(^^)

 

本日もお読みいただき

ありがとうござました♡

ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000