発音につまずきのある子の対応・概論③

発音につまずきのある子の対応・概論①

発音につまずきのある子の対応・概論②

発音につまずきのあるこの対応・概論へのお申し込みはこちら



こんにちは(^^)

前回の投稿では

発達的な問題はないかな?

という視点で



現在の発達を知ることも大切だけれど

過去の発達をどう遂げてきたか確認することも大切と

お話をしました。



では、過去の発達はどのようなことを見たら良いのでしょうか?


一つは

歩くまでの発達をどう遂げてきたか

というところに着目してみてください(^^)



歩くまでの発達を把握すると言っても

全てを聞くことは難しいので

・うつ伏せ遊び

・寝返り

・ずりばい〜はいはい

・おすわり

・歩き始め

これに的を絞ってお話を聞いていきます。




お話をしていると、よく覚えていない。というママもいます。

そういう時に、根掘り葉掘りしつこく聞いても

覚えていないものは覚えていないので



特別気になったことや、何かわまりに言われたりすることもなく成長してきたんですねー!と


気になったことがなかった

周りに言われたことがなかったかを

さり気なく聞きだしてみるといいと思います(^^)




では、

なぜ、歩くまでの発達を把握するのか。



言葉とあまり関係ない、

それに発音は口だけでするもの

と思われがちですが



歩くまでの発達をしっかり段階を追って成長を遂げてきた子は

体がしっかりしています。



体がしっかりしていることで

お口をしっかり動かせたり

息をコントロールして出せたり



発音に必要なことを

さらっと上手にできています。



逆に発音につまずきのある子は

お口を動かすことや

息をコントロールすることが

難しかったりするので


ぎこちなさや誤りが見られることが多いです。




他に

発音する言葉を話すことは

知的な発達的とも密接に関わっていますが


赤ちゃんは歩くまでの発達の中で知的な発達も育てているので

(それが全てではありませんが。)

知的な発達の土台がどうだったのかな?と知ることができます。



体と知的な発達がしっかりして

その上で言葉(発音)が成り立つので



とっても大切なのですね。




また、歩くまでの発達を把握することが

発音につまずきのある子してあげられることを考える上で

大きなヒントになります。

(これはまた後ほどかけたら書きます♪)



ぜひ、過去の発達をどう遂げてきたのかな?

という視点を持ってみてくださいね(^^)




次回は、ことばの発達をどう遂げてきたかな?と言う視点で

書いてみようと思います!




ママと子どもが輝くお手伝い イロドリ

札幌の発達相談・ことばの相談・育児相談。言語聴覚士の資格を持ち、食べること、読み書きの相談にも応じます。療育では教えてもらえない体の仕組みや発達お話も。ママが自分の軸を大切に、自信を持って育児ができるよう「チャイルドメッセージ」でサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000